1995年生まれ、大阪出身。作詞作曲家、ダンサー。

ニューヨークのゲイカルチャーから生まれた音楽「VOGUE BEATS」を主軸とし、自身の哲学を表した作詞が特徴的。

3歳からエレクトーンを始め、その後SAXや三味線、鼻笛を学ぶ。

中学3年生で、初の作曲となる「Château」で石井楽器ヤマハコンクール金賞受賞。

2016年よりVOGUEシーンに携わり、そのファッショナブルさに感銘を受け、Vogue Trackmakerとして開花

その後、日本のみならずシドニーやウクライナ、LA、ギリシャなど様々なイベントにて出演・受賞歴を持ち、

また、日本最大級のVOGUEイベント「Leopard Ball」の企画・運営を行う。

VOGUEシーンでは、2018年からトラックメイカーに加えてMCとしても活動しており、VOGUEシーン独特のラップのような「Chant」を得意とする。

2019年以降、日本のVOGUEシーンではほぼ全てのイベントでMC / Chantを行なっている。

2020年には自身のChantをフューチャリングした「Mind Your Pussy」をリリース。


HOME TOWN Osaka, Japan

BORN in 1995

Composer, Dancer

Writing unique lyrics representing his own sense of life, WasaVi specializes music “Vogue Beats” which originated from gay culture in NY.

Starting his career with an electronic organ as a three-year-old child, he has learned the sax, shamisen and Nose flute.

When he was in the 3rd year of middle school, his first title ‘Château’ won the first prize at Ishii-Gakki Yamaha Contest.

In 2016 he got his start in the vogue scene, inspired by the fashionableness. He goes on to various events in Japan, Sydney and Ukraine, making himself an award-winning artist.

In 2018 he tuned to MC other than a trackmaker at the vogue scene, armed with “chant” which is like rap music unique to the scene.

He has chanted at almost all of the vogue scene in Japan since 2019.

In 2020 he released “Mind Your Pussy” featuring his own chant.