帰省によって変わったもの

久しぶりに大阪に帰省した。

やはり実家はいいものだ。

住み慣れた町に心を癒され、町の変わりように驚く。

 

しかし一番変わったのは町ではない。

私の顔の肉だ。

 

実際、大阪生活を経て、また一歩アルティメット=デブに近付いてしまった。

 

それも当たり前。

餌が多すぎるのである。

 

連日何故か冷蔵庫にある生クリームのケーキ

深夜に出てきたハラミステーキ

我慢できなくて食べに行っちゃう551の天津飯

我慢する気も無く食べたタコ焼

 

大阪最終日の今日、私の顔は正直ブタちゃんにも負けない脂肪量を誇っている。

お湯を用意してくれたら、間違いなく豚骨スープくらいならすぐ出せる。

 

しかし、実は私は人間である。

どういうことかというと、手が使えるのだ。

つまり、小顔ローラーが使えるのだ。

 

たまたま家に、母が十年前に購入した小顔ローラーがあったのを

私の目は逃さなかった。

 

見逃さなかった理由は、私が顔痩せに関心があるのもそうだが、

小顔ローラーの見た目は、そこはかとなく卑猥であるからだったと思う。

 

なんにせよ来る日も来る日も顎(英語でChin)をマッサージした。

わかっているかと思うが、ちゃんと小顔ローラーでマッサージをした。

 

するとなんと、結果が出たのだ!

 

180cm→181cm

 

いや身長かーい

Related Articles

  1. この記事へのコメントはありません。