新曲「NARCISSUS」ストリーミング開始!

WasaVi Milanの新曲「NARCISSUS」がリリースされました。

和テイストなVOGUE BEATSとなっており、色気を感じさせる、WasaVi Milanならではの楽曲です。

各種音楽配信サービスにて視聴可能なので、是非聞いてみてください。

NARCISSUS各種音楽配信サービス

 


歌詞 / Lyrics


Do you wanna play a game?

勝負、してみない?

한번 싸워볼래?

then you betta look at

Benefit One Monoliz

勝負してみない?

さあ、私たちを見ないと後悔するよ。

Ask me I am all you need

Gently a kiss on the lips

Try me you’ll get hurt and see

Queen Bees that’s us indeed

あなたが必要なのは私だけ

その唇に優しくキスしてあげる

かかってきてもいいのよ、けど怪我をしちゃうことは目に見えてるし

私たちは女王蜂だってまざまざと思い知ることになるわ。

We like to get in trouble

Your heartbeat is double

I do what I want and get what i want so bow down on your knee

Gimme all you got

Here you go, take a shot

It’s okay baby It’s okay baby, because we are

トラブルやバトルは私の大好物。

ほら、もう貴方の心拍数は倍に跳ね上がってる。

私はしたいことをして、欲しいものは全部手に入れるの。

あなたは私に跪くことしかできないわ。

それが嫌なら、あんたの力を全部出して私にかかっておいで。

あー失敗しちゃったね。でも落ち込まなくていいの。だってあなたが挑んでいるのは私たちなんだから、貴方が負けるなんて当然なのよ。

M to the O to the N to the O

We are the mono like LIZ

yes MONOLIZ, Go for MONOLIZ

M to the O to the N to the O

Addict to the Stuck to the Obsessed to

yes MONOLIZ, crave the MONOLIZ

M to the O to the N to the O

私たちは一枚岩なの。

MONILZ。

M to the O to the N to the O

中毒になって、固執して、とりつかれちゃうの。

MONOLIZに。

I dance here deep deep in bubbles.

Come arise-rise and pop.

Breathe in out that beat.

Fill me with the heat.

深い泡の中で踊り狂う。

産まれては弾けていく。

ビートを体にいれて、吐き出していく。

熱い何かで、私の体を満たしてよ。

Let’s call out MONOLIZ MONOLIZ

Let’s obey MONOLIZ MONOLIZ

Let’s hands up MONOLIZ MONOLIZ

Let’s fall in love with MONOLIZ

MONOLIZって叫ぶのよ。

MONOLIZに服従するの。

MONOLIZに手を上げて。

MONOLIZと恋に落ちてしまうの。

B to the E too the N to the E

B-E-N-E-F-I-T

M to the O to the N to the O

M-O-N-O-L-I-Z

B to the E to the N to the E

B-E-N-E-F-I-T

O to the N to the frawless E

MONOLIZ

 


WasaVi Milanからのコメント


第一生命D.LEAGUEのチーム「Benefit one MONOLIZ」のために書き下ろしたトラックとなります。

Benefit one MONOLIZには「高飛車で生意気だけど、圧倒的実力を持つ人たち。」そんなイメージを抱いておりました。

MONOLIZがD.LEAGUEの女王となり、「みんな私だけを見ていればいいのよ」と語りかけているような歌詞になったかと思います。

また題名の「NARCISSUS」は水仙を意味します。

水仙は花言葉に「自己愛」を冠する、非常に強い花です。

「誰も逆らえない実力を持ち、自分に絶対的な自信があり、ひとたび舞台に出ればそのオーラで観客みんなを虜にする。」

そんなイメージがこもったこの曲を是非、お楽しみいただけますと幸いでございます。

 

WasaVi Milan

Related Articles

  1. この記事へのコメントはありません。